2016年02月16日

ピアメディエーション勉強会シーズン2ご案内

2016年3月21日(月)13時30分〜16時30分
クレオ大阪西 研修室にて
第2Seasonとなるピアメディエーション勉強会を開催します。

昨年のシーズンのタイトルは、「トラブルだって怖くない!」でした。

今年は、どうしようか?

PM推進チームのメンバーと共に検討を重ねた結果、
今年は「ピアメディエーション勉強会」というタイトルでいくことにしました。

というのも、1年を終え、次のステップアップをするには、
勉強会でお伝えしていく本来の「ピアメディエーション」というものを
メインで打ち出すことが必要だということになりました。

スライド2.JPG

上のチラシを見てください。(クリックすると大きくなります)
丸いテーブルの写真が出ています。

これは、お互いの顔が良く見えるように・・・。
話し合いのテーブルに付くことの大切さの象徴です。

ワイワイとワークをしながらPMのスキルを磨きませんか?
お問い合わせは、チラシをご覧いただき、お申し込みくださいませ。
posted by シヴィル管理人 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

講演会にて

2016年2月11日。
神戸市兵庫区の区役所にて、
兵庫区青少年育成協議会の育成委員研修会にて
ピアメディエーションの講演をさせていただきました。


「いじめや生徒同士のトラブルを話し合いで解決」
  〜ピア・メディエーションって何?〜

という内容で、1時間に渡りお話してきました。
DSCF0407.JPG
タイムリーにも、1月30日に読売テレビのニュースで、
茨田高校のPMの取り組みが紹介され、話をするタイミングとしては
最高に良い時期だったなと感じました。

是非、ピアメディエーションという名前だけでも覚えて帰って欲しい!
そんな思いで私の経験を交えてお話した訳です。

思った以上に、熱心に聴いて下さる育成委員の方々。

基本的には、生徒間トラブルを生徒が間に入って解決のお手伝いをするというものですが、もちろん、日常において、市民間の身近なトラブルにも有効です。

是非ともお役にたてていただければ・・・

そんな思いでした。
最後まで見て・聴いて・話して欲しいな〜
ということで、私らしくちょっぴりワークもしていただきました。

おかげで、眠そうにしていた学生さんも起きてくれて、ワークに参加。
少なくともピアメディエーションの名前くらいはインプットされたでしょう。

DSCF0406.JPG

和やかな場作りはできたかな〜

講演終了後、何名かの方とお話をしましたが、
皆さん、身近な悩み事を抱えているご様子でした。

お役に立てるのであれば、いつでもどこにでもお話しに行きますよ!

2016年は、ピアメディエーションという言葉そのものをもっとアウトプットし、
多くの方の頭の片隅にインプットしていただくことを目指します。

「PMの授業しに来て〜」
「PMの講演会してほしい〜」
そんなご依頼がどんどん増えるようにしていきますね。

偉い先生方のお話じゃない、私なりの考え方。
実際に現場で体験し、経験してきた中からチョイスし、お伝えしていきます。

授業では、2コマを使った授業のプランをご用意。
生徒たちの交流を深めるため、学期毎に行うのが効果的です。
より良い場作りのためにも、是非ご検討下さいね。

まずは、勉強会でPMの考え方を体験しませんか?
詳しくは、メールでお問い合わせくださいませ。
posted by シヴィル管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

4期生PM認定試験始まる

コミュニケーションコースPMU4期生のPM認定試験が始まりました。
早いもので、コース開始からもう4年が経ったんですね。

授業担当の先生もメインが変わり、私も授業サポートに付かなくなり。
この平成27年度はすっかり様変わりした1年でした。
そのため、授業を受けている生徒たちと会うのはほとんど初めての状態。

どんな生徒さんたちなのか?
私も、とても楽しみにしていました。


24名中12名の試験が無事に終わり、来週残りの生徒たちが試験を受けます。

感想はというと・・・
授業としてマニュアルに沿った形での学びはとても良くできているなと。
ですので、ロールプレイでの試験は、みんなそこそこ上手いなと感じました。

授業では、持ち時間が5分ほどと短いため、話の途中で切られてしまいます。
もしも話をそのまま進めた場合、その後、どんな風に進展していくのか想像がつかない時もあります。
それらを鑑みての評価となります。
毎年行っていますが、それはやはり難しいなと感じました。
最初のとっかかりが上手くできても、その後きちんと話が聞けるとは限らないからです。

それでも、授業でピアメディを学び、そこから感じ取るものは社会に出て必ず活かされるので、しっかりと学びを形にし、認定試験で力を発揮してほしいと思っています。

後12名。どんなメディエーションをしてくれるのか?
ピアメディエーターさんの話を当事者役をしながら、しっかり聴かせてもらうつもりです。
posted by シヴィル管理人 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PM授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

勉強会を終えて

1年に4回のピアメディエーション講座。
しかも、市民の市民による市民のためのパワーアップ講座として。

2年前にやってみようと話が出てから、どうなるかと思っていましたが、
何とか若い世代のPMメンバーたちにも協力してもらい無事に終えることが出来ました。

ピアメディエーションをたった4回ですべて理解してもらおうとは思いません。
正直、そんな簡単なものではないと思っています。
少しずつ、本当に少しずつ。
話し易い場作りから始め、身近なトラブルや自分の感情と向き合っていくのがPMクラブのやり方。


けれど、たった4回であってもピアメディエーションの内容に触れ、
PMの必要性や重要な取り組みであることを感じ取っていただければ嬉しいなと思っています。

それは、私の周りに多くの若者たちが集い、
高校を卒業してからも私と一緒になってPMを伝えてくれようとする仲間がいる限り頑張れます。

最近では、卒業したメンバーがそれぞれに連絡を取り合い、バイトや仕事の日程をやり繰りして研修や勉強会に参加しに来てくれるようになったことです。

「まだまだ一緒に勉強したいから、まちゃ行ってもいいい?」
こんなラインやメールが入ってきます。

とても嬉しい瞬間です。

私の若い頃を思い出してみても、
卒業してからも続けようと思うことって、そんなにないんですよね。
若者たちが自ら動き、自分たちの問題として日々感じて取り組んでくれることが夢です。

既に、来年の準備も始めています。
2クール目も、基本は同じとして、さらにパワーアップした若者たちとともに・・・

ピアメディエーションって、良いもんだね。

1人でも多くの方にそういって貰えるように、来年も頑張ります。
posted by シヴィル管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

縁も継続も宝物

先日、来年2月の打ち合わせをしてきました。

今年の12月は、いつもと違って忘年会といいますか、
お疲れさま会がとてつもなく多い気がしますが。

それと比例するように来年の打合せ、問合せをいただけるって・・・。
本当に有り難いですね。

「継続は力なり」といいますが、
続けていけること自体がそもそも何かあるんですよね、きっと。

縁がないと仕事も続かないし。
続けるって、根気が要りますしね。

ピアメディエーションに出合って9年。
地道な活動が続いてきましたが、私らしいっちゃあ私らしい取組み。
人と関わるというか、子どもたちとおしゃべりが好きなんです。

こんなに飽き性な私が、何だかんだ言いながらも続いてるものね。
どのジャンルの仕事もとても特殊なものばかり。
女性が異常に少ないとか、他ではやっていないとか・・・。
やっぱり私って、ちょっと変わってます。はい。

ただ単純に私自身が興味ある事柄だっただけなんだけど。
周りが投げ出しても飽きずにずっと続けてきたというのは、
ある意味、1つの成果なんだろうなと思います。

おかげさまで、日本全国でも私しか喋れないことがあり、
私しかお伝えできない「気持ち」が出来つつあります。

来年はそれらをしっかりと形にし、多くの方へお伝えしていけたらなと考えています。
いよいよ、今まで貯めてきた情報をアウトプットする時期なんでしょうね。

どうしても作りたかった学会。
夢のように口にしていたら、周りの方々が動き出したんです。
私の考えていた想いとはちょっぴり違う気もするけれど、
私も関われそうな学会、自分が発表できそうな場所。
そんな夢がすぐそこまで来ています。

それもこれも全て「縁」と「継続」の賜物。
お金では買えない、大事な宝物です。
目では見えないからこそ大切にしないとね。

さらにステキな宝物にするため、しっかりと形にしていきます。
posted by シヴィル管理人 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする