2017年10月18日

未来を自分で終わらせないで

ここのところ、また、いじめを苦に自殺する子どもや、虐待、体罰などが増えてきている気がします
ニュースや記事を見るたびに悲しくなってきます
まだまだ若いのに、未来に愉しいことが待っているかもしれないのに・・・

死んでしまっては、何も語れません

「簡単に言うなよ!」
とお叱りを受けるかもしれませんが、
何とか踏みとどまって欲しいと思うのです

誰が良いとか悪いとかじゃないんです

詳しいことはよく分からないから、大したことは言えないけれど…。
「もっともっと、自分をもっと大事にして欲しい」と思うのです


先生も生徒もない、親も子もない
立場に関係なく皆が平等に話し合える空間が必要な気がします

先生だって親だって
間違えることあるんだよ
だって、人間なんだもの

なのに、それが言えない環境だとか、
自分を強く見せようと頑張ってしまうというのはとてもかなしく残念です
自分に歯止めが利かないのね


子どもたちが将来への希望を失わないようにしていくこと
これが大人の役目じゃないかと思うのです

先生と生徒、親と子どもという立場の前に
「人と人」という根本に立ち戻ってみませんか?

子どもよりも大人が強いのは、当たり前
体力も考え方も敵わないよね
けれど、そんな大人だって間違うことはあるもの

『こんな先生になりたい!』
『こんな親がいいな』
と、初めは夢を抱き希望に溢れていませんでしたか?
では、どこでかけ違えたのでしょう?

そんな教育を受けてきたのかしら?
そんな育て方がしたいのかしら?
立ち止まって考えてみたら、きっと違いますよね
ならば、軌道修正が必要では?

もう一度歩みを止めて考えてほしい
これからの学校をどうしていきたいのか?
子どもたちをとのように指導し、教育をしたいのか?
まずは、子どもたちが、のびのび愉しく生活できる空間作り
これが必要ではないかしら?

というよりも、もっともっと子どもたちから学んで欲しいんです

子どもたちって大人が思っている以上にいろんなサインを出しています
目線、動き、態度、声音に文字
本当にいろんなところにちょっとしたサインを示してくれています


未来ある子どもたちに
私たちは道しるべを示さないといけないと思うんですよね
そのために、今私たちは何をすべきか?
私たちがまず動かねばならない訳です


安心・安全な社会を・・・。
というけれど、親も先生も大人が実践し、
日々、実感しないと成り立たないと思うんです
言うだけなら簡単です


子どもたちに伝えるというのは時間やエネルギーがとても必要で、
子どもさんによっては、100回伝えてやっと理解をしてくれることだって
ありますよね?
時間はかかっても、解ってもらえるまでゆっくり伝え続けてみませんか?
時間をかけ、情熱をかけて相手の話を聴くところから始めませんか?

まずは、立場を越えた話し合い

当事者だけで難しいなら、ピア(仲間)に協力してもらえばいい

ピアメディエーションは、
学校文化をより良いものにしていくためのヒントが詰まっています

是非、取り組んでほしい
是非、学んでほしい

どこにでも行きます
仲間に助けてもらって話し合いで問題を解決する方法
それが、ピアメディエーション

トラブル予防には、きっと手助けになると感じてます
いじめ、体罰、虐待予防に役立ててほしい

そして、今、困っているあなた 一人で悩まないで!
きっと、あなたの周りには助けになってくれる人がいるから・・・

もしも悩んでいたら、連絡ください
誰にも相談できないというならば、話を聴きます
一緒により良い方向へ一歩を進めてみませんか?

未来を自分で終わらせてしまわないことを切に願っています
posted by シヴィル管理人 at 15:46| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。