2016年08月28日

高槻如是中学校編A

さて、2番目のワークは、時間の関係で少ししかできませんでした。
それでも、グループ毎に笑い声が聞こえてくるワークに。

アンケートの振り返りにもこんな言葉が並んでいました。
・他の人がどんなふうに考えているのかがわかっておもしろかった
・まったく思っているのが違ったのがおもしろかった
・ちょっとした工夫で教材が作れるということを教えていただき参考になりました

そうなんですよね。
先生って、意外と柔軟に考えることが苦手だったりしますよね。

それは、先に「上手くいくだろうか?」などと考えてしまうから。

何度も色々試してみて、より良いモノを作っていけばいいんです。

私だって、お伝えしているワークは日々進化しています。
アンケートに書かれたことを取り入れたり、
『こうすれば良かったかな』と感じたことをプラスしてみたり。
要は、どうずれば子どもたちに理解し覚えてもらえるか?です。

私自身が難しいことは苦手なので、
簡単にイメージを解り易く伝えることになっただけなんですけどね。


最後に、グループ毎に1人だけメディエーターの練習をしてもらいました。
最初に失敗例を見ているので、そうならないためにどうすればいいか?と
考えながらの挑戦です。

簡単にイントロの流れを説明した上で、早速、チャレンジしてもらいました。

結果、こんな答えが出てきました。
・相手の話を聴くのが難しかった
・生徒が調停したり、ワークを体験することで、相手の気持ちに気付くことが出来ればいいなと思った
・詳しく学んでみたいと思った
・中立って難しい
・着地点を定めずに進めるところ
・フラットな立場
・中立に立つことが本当に難しいと思った 
・どうしても解決策が頭に浮かんでしまう
・相手がこちらに歩み寄ってくれれば、こちらも妥協しようとする気になる
・生徒指導の際に、子どもたちにトラブルを考えさせてみたい
・「こういうやり方もあるのか」という新鮮な気分です

アンケートの振り返りには、多くの気付きが書かれていました。

先生方の気持ちに変化があったのではないかな?と感じ取れました。

帰る時、とある先生が、わざわざ声をかけに来てくれました。
『研修の途中で抜けてしまってごめんなさい。最後まで受けたかったです』
『楽しく受講できました。Fやん、楽しかったわ!ありがとう』
とまぁ、青年部の名前まで呼んでくれて・・・。
本人も一緒にワークができて良かったと嬉しそう。
たった2時間でしたが、ステキな時間が過ごせました。

ピアメディエーションそのものは、難しい取り組みかもしれません。
けれど、生徒と先生が一体となって取り組むことで、
学校が変わっていくことは間違いありません。

・生徒(子ども)の教育の手法には本当に様々あるのだと感じました
・生徒(子ども)のために活動されている人に会えた事で元気をいただきました

私の方こそ、こんな風に感じ取っていただけたのなら本当に嬉しいです。

特に、学校の中で、より良い会話が増え、
しっかりと話を聴いてもらえる環境がいかに大切かを知り、
自分の気持ちをしっかり吐き出せる環境が整えば、
いじめなどのトラブルに対する予防教育として使えるものだと思っています。

・生徒たちにやらせるとどうなるか見てみたくなった
これは、先生の本音でしょう。

安心で、安全な場作り。
これは、1人ひとりが協力していかなければなりません。
そのためにも、「勉強」という意識ではなく、
楽しみながら「感じる」ことが大事です。

是非、チャレンジしていただきたいですね。

今後も、ピアメディエーション推進プロジェクトチームは、
多くの学校や先生の意識を変えていけるように、
青年部メンバーとともにピアメディエーションをお伝えしていきます。

PMに興味ある学校へは、どんどん出向きますよ。
シヴィル・プロネット関西が総力を挙げて協力させていただきます。
教員研修をはじめ、生徒さんへの授業も行います。
是非、一緒に取り組んでいきましょう。

ワークに熱中して下さった先生、本当にありがとうございました。
興味を持たれたら、是非、勉強会にお越しください。
そして、青年部メンバーの生の声を聴きに来てください。

何故、彼らが伝えたいと思うようになったのか?
その理由は、きっと意外なものですよ。
posted by シヴィル管理人 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック