2016年08月29日

PM合宿パン作り編

8月27日(土)9時45分。
京阪八幡市駅に集合した青年部たち。

集合待ちしていると、駅前の案内所で色々と教わりました。
2日目に予定している石清水八幡のお参りがさらに楽しくなる話。
是非とも取り入れなければ・・・。

集まったメンバーは2つに分かれて移動。
今回は、四季彩館という施設で、お泊りも含めた研修です。

まずは、協力して1つのことを形作るということでパン作り体験。
ここでも2つのグループに分かれて作成に入りました。
大人チームと青年部チームです。
S0119264.JPG S0179270.JPG

手ごね体験では、粉から混ぜていきますが・・・
ここで、グループ毎に作業具合が変わってきました。

大人チームは、日頃の鬱憤を生地に込め、叩きつけるように。
青年部チームは、きゃっきゃと楽しく手際よく。

そうですよね。
若い子って意外と好きな人にクッキー焼いたりしますもんね。
上手い訳です。

S0239279.JPG S0259282.JPG
ソーセージパンも、この通り。
後は、焼きを待つだけ。
美味しくなりますよ〜に!

先生に教わりながら、ワイワイ。
そのうち、バターを練り込み、ゴマを練り込んで発酵を待つまでに。
S0229278.JPG
上手く捏ねることができたので、温度もばっちり適温!
ここまで来ると、頑張った感が形になってきて楽しいもんです。

手ごねの発酵を待っている間に、機械捏ねの生地を使ってあんぱん作り。
S0269283.JPG
あん入りのキャラクターパンは、個性が光る一品となりました。
S0279285.JPG

ゴマパンは、焼く前に先端に切り目を入れてバターをポン!
生地に練り込んだ黒ゴマだけでなく、周りには白ゴマをトッピング。
ゴマの風味豊かなパンが出来上がりました。
S0309288.JPG
家ではなかなかしないパン作りも、みんなで協力して作ると、
形はいびつでも誰よりも美味しい昼ごはんの完成です。

ピアメディエーションとは、一見関係のないパン作り。
しかし、この作業の中には、先生の話をよく聴き、指示に従い、
周りと協力して形にしていきます。

当たり前のことですよね?
クラブで毎年数人の高校生を見てきた私としては、
どこにでもありそうな風景も、大事なコミュニケーションの場。
若い内にたくさん体験しておいた方が良いものだと思うのです。

ほんの2時間、たった2時間なのに、現代っ子はすぐにスマホを手にする。
これでは、家族との時間も、友達との楽しい会話も減ってしまいます。

PMを通じて、会話の大切さや仲間との関係性の大事さを学んでほしい。
勉強だけでなく、日常の一片から感じ取ってほしいと願っています。

学校ではなかなか習えないこと。
改めて今さら聞けないことも・・・。

ここでは、誰かが年齢を越えて知っていることを教えてくれます。
なので、恥ずかしくて聞けないではなく、
聞かなくて知ったかぶりする方が恥ずかしいと思えるようになります。
ネットで検索すればいい!
ではなく、詳しい人に直接質問して話を聴いてみる。
そうすると、文字には書いていないポイントがあることに気付きます。

パン作りにそんな大きな意味を持たせている訳ではありませんが、
何をするにも楽しんで、心で体で感じ取って欲しいと思っています。

さぁ、お腹を満たしたら勉強だ!
posted by シヴィル管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック