2018年08月18日

裁判とピアメディエーション

「裁判で 勝ってもモヤモヤ 我が想い」

裁判で勝ったのに、なんかモヤモヤしちゃう
勝ったのにしっくりいかないことってあるんでしょうか?

どこまで自分の想いが満たされるのかですよね?
目に見えないので、満たされ度が一杯かどうかは測れません


実は、来週、PM勉強会で裁判所見学に行きます
PMクラブとしては、5回目でしょうか
裁判傍聴、最初は私もドキドキしました

若い頃、弁護士事務所に勤めていたので、裁判所に行くことはありましたが、
わざわざ傍聴するという機会はありませんでした

何度か傍聴していると、とても形式的に行われるんだなって思ったり
とても生々しいなって感じたり

刑事事件の1回目だと、
新件(新しい案件)なので、事件の概要が解ったりします


そして、思うんです
裁判だと基本的に公開で行われるので、
メディエーションのように非公開で行う方が良いものもあるよな〜って

私たちが関わる生徒間のちょっとしたトラブルでは、
「誠意をみせてほしい」とか「謝ってくれたらいい」
単純に「勝ち負け」ではないことがとても多いと気づきます

トラブルにも色々ありますが、
やはり、事案によって話し合いで解決した方がよい時もある訳です

身近な所でいうと、お隣同士の音の問題とかね
裁判に持ち込むのは、最終手段かな〜って思いません?
裁判するのにお金もかかりますし・・・

その前に、相手と話し合いをしてみるって本当に大事だと思うんです
きちんと相手と向き合うと「スレ違い」や「お互い様」が見えてきたり


特に、子どもさんのケンカにおいては、
「私の本当の気持ちを解って欲しい!」

それだけ・・・
ということがとても多いものです

そのために何をするか?

「しっかりと自分の想いを伝える」
「相手の話もとりあえず聞いてみる」
これがまず必要になってきますよね?

私が10年来学んでいるピアメディエーションでは、
両者の間を取り持ち、話し合いが円滑に進むように場を作るのが大切で、
それを行う人が、ピアメディエーター

どちらにも加担することなく両者を暖かく見守るのは、
思った以上に難しいものです

どうしても、自分の考えでジャッジしてしまいそうになるんです
学べば学ぶほどに重要であり、頼もしい存在だなって感じます

それらは、実際の裁判を傍聴してみるとより感じることかもしれません


ピアメディエーションは、
学校などでの生徒同士の争い事、
職場での人間関係のトラブルなどにも
是非、試していただきたい「話し合いで問題を解決していく手法」です

自分の思いを直接相手に聞いてもらうことができます
それだけで「スッキリした!」という人もいるくらいです

自分の言葉で、自分の思いをしっかり伝えることは、
実は、今の時代にはとても必要なことだと感じています
4-2チラシ.png

ピアメディエーションを学んで
直接向き合って話し合うことの大切さを体感しませんか?

続きを読む
posted by シヴィル管理人 at 17:47| Comment(0) | PMクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする