2018年02月03日

試験が終わりました

2018年1月22日、
大阪府立茨田高校にてピアメディエーション認定試験が終わりました
今年は、3日に分けて20名以上がピアメディエーターに挑戦しました
6期生の認定者は9名

なんとなくですが、
今年は生徒たちの言葉の選び方が面白かった気がします

ちょっとした言葉遣い
ちょっとしたうなずきやあいづち
ちょっとした身振り手振り

本当にちょっとしたことですが、
有るのと無いのとでは印象が全く違ってきますね

20180117_124024.jpg

若いうちは吸収も早く、
他人が褒められたことを上手に自分の時に取り込んでどんどん上手くなります

大人だと、そこにプライドとか、意地とかモロモロ
いろんな思いが入ってしまいますからね
いつも生徒たちの底力を見せつけられます

また、2月2日は芦屋大学で試験が終了
後期授業で24名が試験に初チャレンジしました

時間などのこともあってイントロダクションのみ
とはいえ、さすが大学生
海外からの留学生も、たどたどしい言葉ではありましたが、
とても緊張した試験を見事クリアしてくれました

伝え続けて思うことは、
学んだことを是非、日常で活かして欲しいということ

これは、私が10年来思い続けていることです

社会に出れば、否が応でもトラブルやもめごとに出くわします
その時に、どう対応すれば良いのか?
学んだことを上手に活かして話し合い、
少しでもみんなが楽になる方法を見つけて欲しいのです

中立公平というのは、本当に難しいです

つい味方しちゃう
つい共感ししゃう

カウンセラーではない、
あくまでも第三者として客観的に対応することの大切さ

それは、体感したことがないと良さは分かりにくいことだろうと思います

多くの方々にピアメディエーションを知ってほしい!
この思い、届いたかな?

続きを読む
posted by シヴィル管理人 at 01:50| Comment(0) | PM授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする