2015年06月30日

第2回勉強会編 その2

今回の勉強会。
参加者22名。そのうち高校生5名・青年部3名。
多くの方々と勉強をすることが出来ました。

勉強会は、2部構成。
基本は、私たちが進行。そして、2部には全体の「まとめ」。
この、「まとめ」の部分を井上孝代先生にお願いしました。
井上孝代先生は、明治学院大学の名誉教授です。
東京からお越しいただき、勉強会が引き締まりました。

早くから会場入りした井上先生は、目にも鮮やかな水色のスーツ。
ロビーに入って来られるとパッと華やかに。
まぁ、西九条の駅前には、普段見かけない出で立ちです。
お会いするのは久しぶりでしたが、一目で井上先生と判りました。

で、私たちが準備をしている間、クレオ大阪西内を散策。
ロビーや、図書コーナーなど施設そのものが気になられたのでしょうね。
会場の雰囲気を興味深くご覧になっていました。

さて、バタバタのうちに2回目の勉強会がスタート。

井上先生はというと…。
何が行われるのか?不思議でならなかったようです。

後ろの方で、じーっと。
時に何かを考えられ、時に不思議そうな面持ち。
DSCF9851.JPG
ですよねー
いきなり若者たちが前で進行し始めたり。
初対面の人たちと高校生が楽しくしゃべってるんですもん。
しかも、物怖じせずに堂々と発表してる。

さらには、各テーブルから笑い声。
DSCF9850.JPG
ゲームをしたら、景品まで登場する有様には本当に驚かれたようです。

とはいえ、さすがにドエライ先生な訳です。
私たちが伝えたかったことを感じ取ってくださり、
より奥深い内容へと学びを深めてくださいました。

関東では、講座をしても笑いなんか起きない。
なのに、この空間は、いろんなところで笑いが起きてる。
井上先生にはそれがとても不思議だったようですね。

DSCF9871.JPG
今回、私が一番驚いたのは、チラシの解釈。

確かに私たちは必死にチラシを作成しました。
タイトル、サブタイトル、リード文に至るまで…。
かなりの時間を要して知恵を出し合って練り上げたのは間違いありません。

しかし、その文章を学問的な観点から紐解いてくださるなんて。
全く思いもしなかったので、驚きと嬉しさでいっぱい。

深読みするとこんな風に読み取れるんだな〜
何もかも勉強になりました。

ワークをして楽しんだ後は、きちんと理論に則って学びを深める。
このことがどれほど大切なのかを教えていただきました。

今回は、パソコン準備などの行き違いもあり、短い時間しかお話が聞けませんでした。
が、「トラブルだって怖くない!」のタイトル通り、目の前のトラブルに対し、
みんなで知恵を出し合って対処することが出来たように思います。
ある意味、そのトラブルも副産物だったのではないかな?

長い時間お話いただくのはお預け。またの機会を期待しています。
懲り懲りって言われないようこれからも活動を続けて行かねばですね。

あっという間の3時間も、井上先生のお話が入って充実したものになりました。
最後に参加者の皆さんとパチリ。
DSCF9874.JPG
トラブルやもめごとについて話し合った後の爽やかな笑顔が素敵でした。

話は尽きず、井上先生を囲んでの懇親会へ。
数人の参加かな?と思っていた食事も、気が付いたら17名!
ここでもワイワイ。
DSCF9881.JPG DSCF9880.JPG
出るわ出るわ。話は尽きませんでした。

2回続けて参加してくださった皆さま、ありがとうございました。
今回初参加の皆さま、いかがでしたでしょうか?
お問合わせくださったのに出席出来なかった皆さま、次回お会いしましょう!

3回目は、10月頃を予定しています。
よりパワーアップした市民講座になるように、また動き始めまーす。
posted by シヴィル管理人 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シヴィルPM青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

第2回勉強会編 その1

6月21日(日)
第2回トラブルだって怖くない!PM勉強会
おかげさまで無事に終了しました。

PM推進プロジェクトチームは、私を含め数人。
高校を卒業してもPMを学ぼうという意識があり、
シヴィルに関わろうとしてくれるメンバーで構成されています。
とはいえ、学業や仕事など忙しいもの確か。
ボランティア状態で関わってくれるのは、本当に嬉しいこと。
みんな、美味しいもんの誘惑には勝てない!なんて言って関わってくれてます。
いくら美味しい誘惑を持ち出しても、本当に嫌なら手伝ってくれないですよね?
有り難いし、向上心に頭が下がります。

さて、2回目の勉強会ですが、いつものように自己紹介からスタート。
PMクラブのように、毎回その日に話を共にする皆さんに自己紹介。
高校生はクラブでやってますから慣れたもんです。
いつの間にか、大人がリードされるという構図。
こんなことって、なかなかないですよね。
初対面の方を相手にしても、普段やり慣れた内容だと自信持って取り組めます。
いやー大したもんです。はい。

その後、難しいトラブルの話に入るために頭の準備体操。
グループで話し合い、考えるワークを行いました。
DSCF9834.JPG
ワイワイと。
えぇ、本当にワイワイとです。
群がってる様子分かりますか?
DSCF9848.JPG DSCF9843.JPG

ゲーム感覚で学ぶって大人も子どもも大好きですよね。
楽しんだ中に、ちょっとだけヒントが隠されてる。

だから、その後に行う「トラブルについて」もスムーズに話し合えました。DSCF9855.JPG

大人と未成年が一緒になってテーブルを囲む。
一緒に身近なトラブル・もめごとについて話し合う。
どうやって目の前の状況に向き合っていけばいいか?

多種多様なジャンルの大人たちと、柔軟な発想を持った高校生。
そこへ、PMを学び社会人となったPM推進チームのメンバー。
みんながいろんな意見を出し合い、共有することで生まれる新しい空間。
これが「市民の市民による市民のためのパワーアップ講座」の原点です。

今回も、多くの笑いと多くの会話が生まれました。
posted by シヴィル管理人 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シヴィルPM青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

シンポジウムって

6月20日(土)
今年度のシヴィル・プロネット関西の年次総会。
1時間ほどかけて報告し、話し合いました。
イヤー。1年間を振り返ると、いろんな取り組みをしてるんですね。
いよいよ始まる今年度も、さらに忙しくなりそうなので、頑張ります。

さて、今回の総会には久しぶりに懇親会に勉強会が合体。
東京から伊藤武彦先生が来てくださいました。

当初は、井上孝代先生に2日続けてお願いした訳ですが、
お忙しいこともあり、急遽、伊藤先生へバトンタッチ。
急なお話にも関わらず、とても楽しい時間を作ってくださいました。

軽快な話術でお話しされる伊藤先生は、和光大学の教授。
トランセンド研究会の会長をされています。
平和的に紛争を解決するには…。
という平和学に基づいて研究をされているNGOのようです。

さて、伊藤先生の話は、とてもユニーク。
懇親会+勉強会という会場に相応しいものでした。
20150620_192246.jpg

シンポジウムの意味を解説してくださいましたよ。
語源がギリシャだということ。
一緒に酒を飲むという言葉からきているということ。
古代ギリシャの時代って語源になってるもの多いですよね。

という訳で、個々が疑問に思っていることを上げていき、
それらのテーマを集ったメンバーで話し合うという会となりました。

平和的に解決していくとなると、やはり大切なのは「対話」ですよね。
武力・暴力ではない方法で解決の道を探っていくのは、PMも同じ。

WIN-WINの関係を目指して行くことの大切さを改めて感じました。
posted by シヴィル管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする